ホームページよりも詳しくビーアップを解説!ビーアップの本当の特徴とは?

ベルタプラエリアはこちら

バストアップサプリは通販で購入したり、ショップで購入したりするものなど多数ありますよね。どのサプリも似たような感じで、どれを選べば良いのか分からない!となってはいませんか?

 

もしそうならば、迷わずおすすめしたいのがビーアップです。
なぜおすすめなのかと言ったら、ビーアップだからこその特徴があるのです。

 

 

\噂のバストアップサプリ「B-UP」はこちらからどうぞ!/

→ 話題のプエラリアサプリ「ビーアップ」 ←

 

プエラリアミリフィカの配合がちょうど良い

ビーアップ

プエラリアが含まれるサプリはたくさんありますが、の配合量に気をつけてサプリを選んでいますか?もしプエラリアの配合量が書かれていないサプリならば、プエラリアの配合量が少なくてあまり意味がないサプリかもしれません。

 

バストアップに利用されるプエラリアミリフィカは、生産地であるタイでも大変貴重で、生産を現在研究中です。そのため、プエラリアをふんだんに利用するのは贅沢な事なのです。

 

ビーアップの場合は、1日2粒にプエラリアが250ミリグラム含まれています。
この量は少なすぎず、多すぎない量なんです。なぜなら、プエラリアは女性ホルモンに似た働きをするエストロゲンを豊富に含み、その作用は強くよく効くからです。

 

あまり過剰に摂取し過ぎてしまうと、副作用が起こります。
副作用は、胃の不快感や下痢、肌荒れなどの他に生理不順や不正出血などです。そのため、日本では400ミリグラム以上のプエラリアを1日に摂取しない方が良いとしています。

 

しかし、プエラリアの原産国であるタイでは、もっと少ない量を摂取するべきだとも言われています。日本のサプリではプエラリアを1日に400ミリグラムも摂取できるサプリがありますが、400ミリグラムは上限ギリギリの量で、少し危険かもしれないという考え方もできます。

 

また、エストロゲン.イソフラボンは大豆からも摂取できます。
食事で大豆を食べる事がある日本人ならばギリギリの400ミリグラムを摂取しないで、少し余裕を持った方がいいですよね。

 

ビーアップは1日で250ミリグラムという適度な量のプエラリアを摂取できるので、安全な範囲のサプリです。しかも1日に2粒という少量なので、パパっとサプリを飲む事もできます。  

 

→ 質の高いプエラリアを探しているのなら! ←

 

プエラリアの弱点をカバーしてるビーアップ

次にビーアップで特徴的なのは、プエラリアの弱点をカバーしている点です。
バストアップに大きな効果をもたらしやすいプエラリアですが、その分だけ弱点もあります。それが、プエラリアを飲むと太りやすくなるという点です。これはプエラリが超高カロリーだからというわけではありません。

 

前述した通り、プエラリアには女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれています。
女性ホルモンは女性らしい体を作るホルモンで、女性らしい体とは男性のようにゴツゴツした体ではなくて柔らかくてふっくらとした体です。

 

妊娠すると女性ホルモンがどんどん分泌されていき、胸が大きくなったりふくよかな体つきへとなっていきます。皮下脂肪が増えて、体重をあまり増やさないように医師から言われている人も多くいます。個人差はありますが、プエラリアを摂取するようになると太ったという人もいます。これは女性ホルモンの力が、妊娠中のように体を女性らしくしていったという事です。

 

胸が大きくなるのは嬉しいけども、他の部位も大きくなってしまったら、それはただ脂肪がついたというだけの結果になってしまいますよね。胸が大きくなってメリハリボディになるのが女性の求めている事なので、ビーアップではプエラリアを摂取してデブになった!と言わせないようにするためにも、ダイエット成分がプエラリアと一緒に含まれています。

 

ダイエット成分は、ギムネマ、サラシア、カプサイシン、コレウスフォレスコリです。

 

脂肪を燃やしやすくしたり、エネルギーを作るなどの効果があります。
こういった成分が、エラリアのデメリットを打ち消すために作用するのです。

 

 

プエラリアでバストアップしながら、他の体の部分はダイエットするという事が可能なのが、ビーアップの特徴です。

 

あえて美肌成分をカットしているのには理由がある

プエラリアサプリを調べた事がある人は、プエラリアと同時にプラセンタなどの美肌成分が入っているサプリを知っているかもしれません。「ダイエットサポートもいいけど、美肌も欲しいから他のサプリと迷っちゃう!」という人もいるでしょう。

 

そして、「なぜビーアップは美肌成分が入っていないの?」と思うかもしれません。
ビーアップにプラセンタのような美肌成分が入っていないのには理由があります。
それは、プエラリアの内に秘めた力があるならです。

 

プエラリアは女性らしい体を作るのと同時に肌にツヤを与えたりという力もあります。
それにより、胸を大きくするだけではなくて、美しい胸を作っていくのにも効果があります。

 

そのため、プエラリアがきちんと配合されていれば、美肌成分はあまりいらないのです。
だからビーアップは、美肌ではなくてダイエット成分をいれてプエラリアの弱点をなくすようにしているのです。

 

 

メリハリボディーを目指すなら

ビーアップ

バストアップアップサプリは、プエラリアが配合されているものとそうではないものがあります。ビーアップはプエラリアが配合されていますが、その他にも女性らしい体を作るための成分が含まれています。ここでは、ビーアップのホームページには書かれていない詳しい成分の秘密を紹介していきます。これを知ると、ビーアップが効果があるサプリだという口コミの裏付けにもなり、ビーアップの本当の特徴が分かります。

 

プエラリアは飲んでも意味がない時期がある。だけどビーアップならば飲める

あまり知られていない事ですが、プエラリアのサプリは飲んでも意味がない時期が1ヶ月に1回あるというのを知っていますか?その時期は、生理や妊娠で言うところの黄体期です。そして、プエラリアを積極的に飲みたい時期は卵胞期です。
きっとみなさんの頭には「どういう事?難しい言葉が出てきた。」と思うでしょう。そこで、女性ホルモンの仕組みからプエラリアやビーアップの特徴について順を追ってみていきます。

 

女性ホルモンは生理によって変化する

プエラリアやビーアップについて話をする前に、女性ホルモンの仕組みを解説します。
まず、女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンというものがあります。
エストロゲンが多く分泌する時期は、生理の後半〜排卵日3、4日後までです。この時期は、卵巣で新しい卵子を作る時期です。エストロゲンは体を女性らしくし、ハリやツヤを持たせます。また、乳腺の発達をさせてくれます。生理は妊娠しないで子宮のベッドが剥がれ落ちる事なので、体は次の妊娠の準備を整えている時期です。これを卵胞期と言います。
排卵日が過ぎると、今度はプロゲステロンが増えてエストロゲンが減っていきます。この時期が黄体期です。卵胞期が過ぎると排卵期があり、それが終わって黄体期です。黄体期は生理が終わって12日後ぐらいからスタートします。次の生理までの時期となり、妊娠すると妊娠を継続させる準備をする期間です。黄体期が過ぎるとプロゲステロンが徐々に減り、生理がやってきます。  

 

「なんだかよく分からない‥。」と頭がこんがらがっている人は、数字だけ覚えると分かりやすいです。生理開始日を1日目とするとこんな感じです。

 

生理期間1〜5日 エストロゲンが優位
卵胞期6〜12日 エストロゲン増時期
排卵期13〜17日 エストロゲンが優位
黄体期18〜次の生理まで。プロゲステロン増時期

 

個人差はありますが、ざっくりというとこんな感じです。

 

プエラリアの働きとエストロゲン

女性ホルモンの仕組みが分かったら、次はプエラリアです。プエラリアは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。エストロゲンは前述した通り、乳腺を発達させたり肌にツヤを与えます。という事は、エストロゲンの量が多い時にプエラリアを摂取して、エストロゲンのサポートをしてあげればバストアップしやすくなります。
逆に、エストロゲンが少なくてプロゲステロンが多い時期に頑張ってプエラリアを飲んだとしても、バストアップしにくいです。プエラリアのサプリを続けて飲んでも効果がないというのは、黄体期にプエラリアを摂取してるからかもしれません。プエラリアのサプリメーカーは売り上げを伸ばすために黄体期は飲んでも意味がないとは大々的に言いませんが、実はこういったカラクリがあったのです。
しかし、ビーアップは黄体期に飲んでも効果があるのです。なぜならビーアップにはプエラリア以外の成分が入っており、それが効果を表しているからです。

 

その秘密はワイルドヤム

妊娠すると、妊娠を継続させるためにプロゲステロンが分泌し続けます。妊娠するという事は、赤ちゃんを産んだら母乳をあげなくてはいけませんよね。そのため、プロゲステロンにも乳腺を発達させる力があります。つまり、バストアップのチャンスがあるわけです。しかしプエラリアはエストロゲンに似た働きをしてしまうため、プロゲステロンの働きをサポートする別の成分が必要になります。それがワイルドヤムに含まれている「ジオスゲニン」です。
ワイルドヤムはメキシコやアメリカが原産のヤマイモ科の植物です。プエラリアと同じく希少な植物で、プロゲステロンと似た働きをします。だからプエラリアが効き目の少ない時にもビーアップは摂取できるのです。
女性ホルモンの話をしたので、少し難しい話になってしまったかもしれません。なので少しまとめていきましょう。

 

ビーアップについてのまとめ

女性ホルモンには2種類ある。

 

プエラリアは生理後にはホルモンが変化するので効き目が薄い。

 

ワイルドヤムならば、プエラリアが効かない期間もバストアップしやすい。

 

ビーアップにはプエラリアもワイルドヤムも含まれている。

 

まとめると、こんな感じです。ビーアップの特徴は他にも値段やスリムアップ成分などありますが、ずっとサプリを飲み続けてバストアップしやすい体になるのが、ビーアップの隠れた特徴です。